日向坂46、≠ME応援ブログ「日向坂46(ひらがなけやき)、≠ME(ノットイコールミー)」とは何って言わせない!!

アイドルグループの日向坂46(ひらがなけやき)や、≠ME (たまに=LOVE)の活動をエキセントリックな独自目線(ちょっとおふざけ)で紹介しています。

【日向坂46】井口眞緒卒業…!!2月12日メンバーブログ感想

script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">







こんにちは!!
てんごっちです!!



日向坂46メンバーブログ2月12日更新分とそれに関係する日向坂のニュースについての感想です。






高本彩花


引用元、高本彩花ブログ


富田鈴花
写真登場メン [ 井口眞緒 ]


引用元、富田鈴花ブログ


齊藤京子
写真登場メン [ 井口眞緒 ]



ほとんどのメンバーのブログでは、先日発表された井口眞緒ちゃんの卒業について書いています。



スキャンダルから活動自粛、そして卒業になってしまいましたが、ひらがなけやきから活動を通して井口眞緒ちゃんの頑張ってきたことについては変わらないし、メンバーは感謝していることが大きいことも載せてくれています。


特に1番の親友だった齊藤京子ちゃんは…







今日、井口眞緒の卒業が発表されました。
 
正直寂しくて悲しくて仕方ないです。
 
半年間一緒に活動していなかったから楽屋にまおがいないのも少しずつ慣れてきたけどやっぱり卒業ってなると本当に止めたいくらい悲しいです。
まおは日向坂46に必要不可欠な存在でした。






デビュー前のオーディションからバラエティー番組まで事細かに眞緒ちゃんとのエピソードを書いてくれていますが、先述の一文が本当の京子ちゃんの気持ちを表しているのではないでしょうか



2人の仲の良さはいろんな番組などを通じて見てきたので、今回1番寂しさを感じているのは京子ちゃんだと思いました。



そんな辛い中でも、きょんこちゃんは日向坂としては離れてしまいますが、プライベートでは親友としては変わらない関係であることもブログの最後に書いています。





"アイドル"ではもうお別れになってしまうけどまたプライベートでたくさん会えたらな、と思っています!😇
 
まおのこれからの幸せをお祈りしています!
 
"アイドル"では今まで本当にありがとう!
そして日向坂46を一緒に作り上げてくれてありがとう!
まおがいたからアイドル活動が楽しかったです。
  





自分達が想う以上の絆が2人にはある…
それを感じることが出来る京子ちゃんのブログでした。






引用元、齊藤京子ブログ


私自身、今回の井口眞緒ちゃんの卒業について思うところは、やはりアイドルという職業の特殊性を改めて感じました。



確かに年頃の女の子なので恋をしたりすることは当たり前だと思います。
しかし、アイドルというものにはファンがいて、その人達に支えられている職業です。



彼氏がいるなら本当に卒業まで隠し通すしかないと思いますが、明るみに出た時はリスクも存在することも理解しないといけません。



逆にそういう恋心を抑えてアイドルという職業を全うする子もいる訳で、そういう子からすれば同じメンバー内でもあまり良くは思わないと感じますし、ファンの方もこれまで支えてきたのに裏切られたと思う方もいると思います。



今回の井口眞緒さんや欅坂46の織田奈那さんのようにバラエティー番組で活躍してたとしても、復帰をしても人気はさらに落ちて、握手会でも悪く言われることが想像出来ます。 



眞緒ちゃんも最初はキャラクター的に「井口だからやらかしたのは仕方ない」という復帰に関して容認する方も多かったのですが、また一方では「歌もダンスも中途半端なのにそういうことをするなら練習しろ」「なんとか握手会を完売させたいから、あれだけ積んだのにどういう気持ちか」という意見もありました。



復帰することは、それに耐えることが出来るくらいもう一度頑張りたいという気持ちがない限り難しいのではないでしょうか。
そして、年頃の女の子にそれを耐えるメンタリティーを求めるのも厳しいと思います。



それでも、井口眞緒さんがひらがなけやき時代からバラエティー番組やスナック眞緒などでグループを牽引してくれた事実は変わらないですし、



私自身は、ひらがなけやき初の武道館で魅せてくれた「二人セゾン」のソロダンス苦手ながらも精一杯頑張って、ひらがなけやき初の武道館で魅せてくれた「二人セゾン」のソロダンスの感動は忘れられません…!!



私も井口眞緒さんのこれから歩む道を応援します!!
井口眞緒さんひらがなけやき、日向坂46での活動お疲れ様でした!!









引用元、井口眞緒ブログ




引用元